本文へジャンプ

トップページ > ミシンなんでもランキング > ミシンなんでもランキング「仕上がり」

ミシンなんでもランキング「仕上がり」

ミシンなんでもランキング

いろいろなメーカー、いろいろな種類のミシンがある中で、どれが自分に合った1台を探すのはとても大変です。
なにを最優先にミシンを選ぶかは人によって違いますが、いろいろな切り口から、ミシンを勝手にランキングしてみました。

当店マイミシンで販売しているミシンを対象に、ミシンの専門スタッフが独自の観点で判断していますので、ミシン選びの参考のひとつにしてください。より詳しく知りたい! こんなランキングも知りたい! という方は、お気軽にお問い合わせください!お待ちしています!

>> ミシンなんでもランキング ランキング一覧を見る

■ミシンの 「仕上がり」 ランキング

お客様からの購入相談で縫い目のきれいなモデルを探しています!!どのミシンの縫い上がりがきれいですか?などの問い合わせが良くあります。

家庭用直線ジグザグミシンは、直線縫いや他の縫い模様が縫える仕様となり針棒自体が左右に動くため布地に対しミシン針が刺さる角度も垂直に貫通はできませんので職業用ミシンのような仕上がりとは異なります。

(プロ仕様の職業用ミシンは針棒が垂直固定された直線専用機)他、縫う布地素材、ミシン針の太さ、ミシン糸の種類の組み合わせで仕上がりの綺麗さにも違う場合もありますので仕上がりにつきましては家庭用ミシンと職業用ミシンでは違いがあるとお考えください。

                        

仕上がりのきれいな家庭用ミシンとは、薄地・厚地縫い、ボタンホール、文字縫いなどの縫い上がり状態を総合的に比較した順位にしています。

①各縫い模様:基本設定位置、②縫い素材:ブロード地、デニム地4枚重ね、③縫う方向:伸びの無い方向、④ミシン糸:フジックス製シャッペスパン60番糸(赤色)を使用、⑤評価表示:★★★★★最良5つ、最悪い★1つで表示。

※今回の検証では家庭用直線ジグザグミシンミシンは水平全回転仕様、職業用ミシンは垂直線回転仕様と釜構造が異なるため、本ランキングの対象からは外しています。

シンガーSC300

【1位】 シンガーコンピュータミシン 「モナミヌウアルファSC317」

コンピューター制御の自動糸調子仕様なので安心感があり大型液晶画面で模様選択もダイレクトボタン押すだけ、縫い目長さ、振り幅などが一括表示され、ミリ単位で細かい設定が可能で簡単でした。

直線縫いの縫い目長さの基本設定は2.5mmでの薄地縫い、厚地縫い共に綺麗でした。

評価表示:★★★★★

ボタンホールはアンダープレート仕様(段差対応)なので用途や厚さに問わず対応できると思います。

評価表示:★★★★★

文字縫いについても他社と比較しても同等の縫い上がりでたので入園時のネームタグに活用できます。

※文字縫い機能が不要の方はモナミヌウプラス「SC217SC227」をお奨めします。


JUKI HZL-T470

【2位】 JUKI コンピュータミシン 「HZL-F400JP」

機械式の自動糸調子仕様でしたが丈夫なフレーム構造により、しっかりと針軸系部品を固定してることもあり安定した縫い上がり貫通性が高いモデルでした。

直線縫いの縫い目長さの基本設定は2.4mmでの薄地縫い、厚地縫い共に綺麗でした。

評価表示:★★★★★

ボタンホールはセンサー方式、アンダープレート仕様(段差対応)なので用途や厚さに問わず対応できると思います。

評価表示:★★★★★

文字縫いについても他社と比較しても同等の縫い上がりでたので入園時のネームタグに活用できます。

使用頻度の高い方には、JUKIは、工業用ミシンの分野では世界的にもシェアをとっており、その実績が家庭用ミシンの分野でも、特に上位機種に活かされています。

※文字縫い機能が不要の方はドレスメイク「HZL-F400JP」 をお奨めします。

ジャノメJP710N

【3位】 ジャノメコンピュータミシン 「JP710N」

ロングランモデル(長い期間販売されている現行製造モデル)でもあるJP710は低価格(5万以下)ながれ押さえ圧調整が付いているので薄地縫や厚地縫いまで十分な仕上がりが確認できました。

直線縫いの縫い目長さの基本設定は2.2mmでの薄地縫い、厚地縫いでは薄地縫い良好、厚地縫いでは少し縫い目が細かいので微調整が必要まので減点。

評価表示:★★★★ 

ボタンホールは1位、2位に比べ、ハトメ穴、ネムリ穴の仕上がりが多少劣る部分を感じました。

評価表示:★★★

文字縫い:無し

ボタンホール以外は趣味として使用する方には十分な仕上がりでしたので購入予算5万円以下のモデルでお探しされている方にお奨めの1台です。

シンガーモナミヌウSC117

【4位】 シンガーコンピュータミシン 「モナミヌウSC117」

JP710のロングランモデルの後継モデルとして発売されたモデルでもあり他社同様に液晶画面を大型化され模様選択の操作しやすくなっています。

直線縫いの縫い目長さの基本設定は2.2mmでの薄地縫い、厚地縫いでは薄地縫い良好、厚地縫いでは少し縫い目が細かいので微調整が必要なので減点。

評価表示:★★★★

ボタンホールは3位のJP710と比べ、スクエア、ハトメ穴、ネムリ穴の仕上がりはほぼ同等でした。

評価表示:★★★

文字縫い:無し

購入メーカーをジャノメで選択され操作性(簡単操作)が高いモデルでお探しの方にお奨めの1台です。

NP系には姉妹モデル自動糸切付き「NP470」もありますので用途に応じて選択ができます。

ブラザーミシンLS700

【5位】 ブラザーコンピュータミシン 「LS700」

LS700もジャノメJP710同様にロングランモデル(長い期間販売されている現行製造モデル)となり、縫い模様数が少なくダイレクトボタン選択仕様なので誰でも簡単に使える特徴があります。

特に簡単/便利なのがスーパー糸通し(自動糸通し)と自動糸切り機能です。直線縫いの縫い目長さの基本設定は2.5mmでの薄地縫い、

厚地縫いでは共に綺麗でしたが縫い目調整時必要な液晶画面が無いので微調整時は試縫いを目視しての確認となりますので減点。

評価表示:★★★

ボタンホールは1位、2位と比べましたが非常に綺麗でした。

評価表示:★★★★★ 

文字縫い:無し 

多機能な縫い模様は不要な方で洋服など縫いたい方にお奨めしたいモデルとなります。




JUKIミシンHZL-G100W

【6位】 JUKIコンピュータミシン 「HZL-G100W」

JUKIミシンで人気といえば、HZL-F400JPを代表とするエクシードシリーズ。

その人気の秘密である特許機能「BOX送り機構」を引き継いだ安価モデルが、このグレースシリーズです。

グレースシリーズは自動糸調子機能が無い(標準糸調子機能)ため、エクシードシリーズに比べてると仕上がり、操作性が劣りますが、糸調節のコツを掴めば、比較的容易にきれいに仕上げることができます。

ミシン中級者の方におすすめの1台です。




ジャノメミシンNP400

【7位】 ジャノメコンピュータミシン 「NP400」

JUKIミシンのBOX送り機構と同様の水平送り機構を搭載しているので、布送りがスムーズのため、縫いズレを最小限に抑えてくれます。

パワーはフルサイズミシンに比べて劣りますが、キルティング生地を縫う程度なら十分ですので、中級レベルまでの方にお勧めです。

洋服作りやジーンズの裾上げなどをお考えなら、上位クラスのJP710Nになります。




ベビーロック取材レポート「最高の品質へのこだわり」
サイト内検索

限定セール商品

限定セール商品

174-S300DF


シンガーミシン「S300DF」
ネット特価 ¥31,170