本文へジャンプ

トップページ > マイミシンブログ > 修理スタッフ > これまでの修理実績 > 家庭用ミシン 針釜タイミングの確認方法(水平全回転式) 釜タイミングずれ ブラザー ジャノメ JUKI シンガー ジャガー アックスヤマザキ 

家庭用ミシン 針釜タイミングの確認方法(水平全回転式) 釜タイミングずれ ブラザー ジャノメ JUKI シンガー ジャガー アックスヤマザキ 

2019年08月06日
家庭用ミシン 針釜タイミングの確認方法(水平全回転式) 釜タイミングずれ ブラザー ジャノメ JUKI シンガー ジャガー アックスヤマザキ  [修理スタッフこれまでの修理実績]

こんにちは! マイミシン 1級縫製機械整備士の早乙女です。
今回は縫えない原因の1つ、針釜タイミング不良による不具合の確認方法を記事にしてみました。
針釜タイミング不良とは・・・ミシン針が上下した時、外釜の剣先がミシン糸をすくう事で上下のミシン糸が編み込まれて縫い目になります。
一連の動作タイミングが狂うことで縫い目が出ない、下糸をすくわない症状が出ます。
主な原因
1)ミシンの限界を超えた厚地縫い
2)糸が絡んだ状態で何度も作動させた
3)厚地縫いや固い素材を縫う時にハズミ車を無理やり手で回している
4)運転中にガガガガと音がしてミシンが停止した
など釜ギヤーやタイミングギヤーに負荷を掛け過ぎた結果、限界時に起こる不具合の現象です。
お手持ちのミシンの針釜タイミングが正常か確認してみましょう。
水平全回転式、針釜タイミングの確認方法
※電動、電子ミシンは通電不要、コンピューターは通電し、模様選択をしてください。
1)縫い模様は直線縫いの左基線に設定します。
2)ハズミ車を反時計方向へ回し、ミシン針が最下点位置から上方向へ上がりはじめ、外釜の剣先とミシン針が交差する位置で確認します。
21-2.jpg
こちらが正常な針釜タイミング位置です。
外釜の剣先が糸通し針穴より1つ分位、下位置にあれば正常に縫えるタイミングとなります。
22-2.jpg
針釜タイミング不良の位置です。
外釜の剣先よりも糸通し針穴が上になっている状態。
完全なタイミングずれなので縫うことはできません。
23-2.jpg
針釜タイミング不良の位置です。
外釜の剣先よりも糸通し針穴がギリギリ下にあり、下糸を引き上げることができても、目飛びするなど正常な状態ではありません。
※このタイミング位置だと針釜タイミングが遅い中基線や右基線でまだ縫える可能性はありますが不具合がさらに悪化する恐れがありますのでご注意ください。
正常な針釜タイミングなのに縫えない他の原因
1) ミシン針が曲がっている、家庭用HA針以外の使用
2) 針棒の固定位置ずれ
3) 針釜隙間の不良
確認画像で針釜タイミング不良と判断した場合は購入店やミシン専門店にて回復修理を行ってください。

ご使用されているミシンが調子悪く、お困りになった時は、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■マイミシン修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
メール問い合わせはこちら

修理ちゅうでも安心!レンタルミシンのお申し込みはこちら!

ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録 googleブックマークに登録 はてなブックマークに登録 livedoorブックマークに登録 刺繍ミシンの選び方をニフティクリップに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの上部へ